FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
2回目の妊婦検診&トキソプラズマ
妊娠14wに入りました。

結局、私にはツワリはまったくなく、食べ物の好みも変わらず、
焼肉、焼き鳥、イタリアンなど食べに行ったり、
家でも普通にカレーライス作って食べたりしています。

不正出血もなく、体調もいたって良好なので
フラのレッスンを再開しました。

そして先週はディズニーシーに行ってきました。
旦那の会社の健保経由で安くいけるチケットを
妊娠前から申し込んでいて、妊娠がわかったのでキャンセルしようかと思ったけど
体調もよいし、私は大のミッキー好き
誕生日の次の土曜日だったので誕生日祝いも兼ねて行ってきました。


そして昨日は2回目の検診。

前回の血液検査の結果からだったのですが、
私はトキソプラズマ陰性でした。

子供のころから隣に住んでた祖父母の家に遊びに行っていて、
祖父は犬、ネコ、インコ、ベランダには鯉の水槽があってというような
家だったので、赤ちゃんのころから動物に接してきました。

母も祖父譲りの動物好きで、ハムスターやリスを飼っていたし、
今は私も愛犬zidaneを飼って1年たったし、
絶対にトキソプラズマの抗体を持っていると思ってました。

それなのにまさかの陰性。

先生には「犬を触るときはゴム手袋をしてください」なんていわれてしまうし、
「犬を外に一切ださないでください。どこで病原菌をもらってくるかわかりませんから」とも言われました。

いくら小型犬と言っても、お散歩くらい連れて行ってあげないとかわいそうだし、
ベビ待ち期間を支えてくれた愛犬で、私たち夫婦にとっては長男はこのコ。

なので、ゴム手袋で・・なんて考えられないのです。

元々、寝るところは別々だし、家の中では放し飼いにケージにいれているので
そんなに密接にしているわけではないのだけれど。。

実家にはネコもいるし(こっちのが危険だといわれましたが)

ペット好きにとってはペットも大事な家族です。

もちろん産まれてくる赤ちゃんは大事ですが、ワンコとの生活も変えられないし。

ワンコと遊んだら手を洗う。それくらいしかできないかなぁ。

土を触るのも厳禁らしいんだけど、先週から朝顔を育てはじめました。
去年病院でいただいた原坊の朝顔の種。
とてもきれいな花を咲かせてくれたので今年もチャレンジしたところだったんです。


エコーでは元気に動き回る赤ちゃんを確認できましたが、
トキソプラズマのことが気になって、嬉しさ半分の診察となりました。

エコーも、今までの膣頸超音波とお腹の上からの超音波もしたのだけれど、
なんと手術の傷跡がかなり目立っているので
エコーの写りがかなり悪くて。。

まさか、7年前の手術跡でエコーが見づらくなるなんてのも予想外でした。

スポンサーサイト
【 2008/05/31 21:24 】

| 妊娠4ヶ月 | コメント(8) | トラックバック(0) |
産院デビュー 6時間待ち・・
今日は産科の初診に行ってきました。

迷いに迷いましたが、結局実家から車で15分(電車だと2駅+徒歩10分)の
日赤にしました。
今の家からも車で30分かからずに着けました。

この病院はNICU完備なので、都内だけでなく近県からも
緊急輸送されてきたりする大きな病院です。
それでいて、助産師外来やフリースタイル出産(畳の部屋もあります)
分娩台での出産でも好きなアロマをたいてもらったり、
好きな音楽をかけてもらえるそうです。

不妊治療経験者だと畳の部屋は不可らしいのですが
(私、『大奥』ってドラマみたことないのですが
出産シーンで天井から紐(ロープ)みたいのがぶら下がってて
それをつかんで力むそうですね)
そんな状態の部屋があります。

私はどうしても畳がいいってわけではないのですが
それだけ自由度が高い出産が可能な病院ということは
リラックスして出産に望めるかなぁと思っています。

受付は朝8時半~11時まで。
11時ぎりぎりに行ったのですが、受付番号が『133番』

待ち時間目安表をみると『120番代』で2時半となっている・・

こりゃ相当待つねと覚悟を決めて受付初診へ。

初診表に住所や名前を書くのですが
記入台で隣で書いていた人が
大きな声で電話してるんです。
あんまり言葉遣いもよくないし、若いコ??と思ってみると
そうでもなさそう。(たぶん30ちょっと過ぎくらい)

そしてほぼ同時に記入が終わり、受付に持っていくと
その人は『保護者又はご主人の名前』の欄がブランクになっていて
受付の人に「こちらもご記入ください」といわれて
「私、結婚してませんから」と。
受付の人が謝ってましたけど
私はビックリ!!


確かに初診受付表も『保護者又はご主人の名前』って
保護者って親の名前書くの?
10代のコたちがいるからかなぁ、
そういや続き柄に『 親  夫  婚約者  その他 』 から○をつけるのだけど
普通 『 夫 』じゃないの??
『 親 』のが先に書いてあるって。。


続いて問診表も 『今日は何をしにきましたか? 』 とか
『妊娠継続する意思はありますか?』
『中絶希望』 『妊娠を迷っている』なんて欄も・・



今まで不妊治療病院に通っていて、お友達もできて
早く赤ちゃん欲しいね!って言ってた仲間ばかりだったのに
産院の現実ってこういうものか・・と。


そしてその女の人は夕方になって男の人が病院にきて
楽しそうにしてたから「なんだぁちゃんと婚約者きてるじゃん」と思ってたけど
その男の人が「さっきさぁ、受付でパパと間違えられちゃったよアハハ」って笑ってる。
女の人も一緒になって「やだぁ~そう思われちゃった。ごめんね」って
笑ってるし。ただの男友達らしい。


私の診察内容を書かないと。

結局11時に受付をして、途中お昼を食べに行き、
14時に戻ってきたけれど
私が呼ばれたのは17時を過ぎていた。。

診察は副院長の先生で慶應病院で書いてもらった卵巣がんの経過についての
紹介状と
不妊治療病院で書いてもらった今までの経過の紹介状。

「大変でしたねぇ、でもどちらの病院でも丁寧に診察をしてくれたようですね」
「今回はタイミング法での妊娠ということですが、何か排卵誘発剤は
使いましたか?」と聞かれ
IVF以外では排卵誘発の薬も注射もしたことがないと伝えると
「それは本当にいいことです。タイミング法でも薬を出す病院が
多いんですよねぇ。排卵誘発をしている方の胎盤は安定しなくて
出血が多かったり、お産のときも大量出血してしまうかたが多いんですよ」と
おっしゃってました。

内診してエコーを診せてもらいましたが
今までの病院ほど赤ちゃん何ミリとか心拍数とかは教えてもらえず
「3センチくらいですね。赤ちゃん動いてるのわかりますか?
心拍も光ってますね」ということで終了。

たしかに赤ちゃん、手らしきものをかなり動かしてました。
全くツワリもなく、なかなか妊娠した実感をもてないでいるけれど
動いてるのをみて「すごいなぁ」って感動しました。


その後は助産師さんと保険相談。
今後の方針や助産師外来について、いろいろ質問を聞いてくれたり
丁寧で話やすい雰囲気。

そして、感染症の検査のため採血
別料金になりますが、念のためトキソプラズマの検査もすることにしました。

区から14回分の診療補助券をいただいたので
それを早速利用。

でも今日のお会計はエコーと採血で16000円で
補助券が8000円分割引になっていて
お会計は8000円でした。



なんだか思いつくままに書いていったら
とても長くなってしまいました。
ごめんなさい。







【 2008/05/02 19:26 】

| 妊娠3ヶ月 | コメント(6) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。